倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2006年10月09日

軽量化に付いて

【質問】
「はじめまして。本格的にゴルフを始めて1年程度、

平均100程度でラウンドする者です。


アイアンショットが安定せずに悩んでおります。

現在、BS New X-BLADE CB DG S200使用中です。

練習場ではまずまずの当たりですが、コースに出ると安定した当たりが出ません。

以前、BS ViQ Forged NS950ウエイトフロー S使用していましたが、

BSのゴルファーズドックにてデータ計測したところ、

バックスピン量が不足しているとのこと(7Iで約4000回転)。

重量的に物足りない感じもあり、現在のクラブに変更しました

(7Iで約5900回転でした)。


しかしながら、現在では若干重過ぎるのではないかとも考えており、

またヘッド自体も難しいのではと思い、RCのS.F.I.などへの変更を

考えております。


現在のドライバーが、inpres X 410VでPT-6 S 319gで、

現在のアイアンが5Iで435gですが、なるべくならDG S200のフィーリングに

近いものをと考えてますが、

どのようなシャフトがいいのか悩んでおります。


ちなみに、ドライバーは赤マナ63の時はフック系、

現在のPT-6では軽いフェード系で現在の方が安定しています。


また、アイアンはやや払い打ち気味ですが、球が上がらないことはありません。

ちなみにドライバーのHS 45程度です。

突然の長々とした質問で申し訳ありませんが、

よろしければアドバイスいただけますようよろしくお願いします。」




【回答】
ダイナミックゴールドS200を使用していて

少し余裕を持って振れるようにしたいのであれば

「ダイナミックゴールドライトS300」

がオススメです。



理由としては、

まず単純に重量が20g近く軽くなり、

ある程度楽に振れるようになります。



ほぼ同じ重量で

「ダイナミックゴールドSL」

と言うシャフトがあるのですが、

こちらは非常に硬く仕上がっているので

ダイナミックゴールドの粘り感とはまた違ったフィーリングになってきます。



その点、ダイナミックゴールドライトの方は

重量に対して適度なしなり(粘り)があり、

比較的タイミングが取りやすいと思います。


また、NS950は現在のドライバー重量を考慮すると、

やや軽いと言わざるを得ません。



ディアマナM(赤)は、比較的シャフト先端が柔らかくなっているので

捕まりがよいです。



一方、PT等は先端が硬めになっているので

ディアマナ赤から比べると引っ掛かりにくくなっています。




 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。