倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2006年09月20日

アイアン重量に関するご相談です。

【質問】
「いつも適切なアドバイスを頂き楽しく拝見しております。

今日は倉木さんの考えをお聞かせいただきたくご質問させてください。

私は年齢66歳。身長163cm。体重54kg。ゴルフ暦38年です。

HCはプライベ−トですが23位です。因みにHSは39です。

今度長年使用の本間のLB606のアイアンをカ−ボンからスチ−ル

NSPRO850にリシャフトしました。

#5アイアンの重量は400gで飛距離は145ヤ−ドです。

リシャフト前・後の飛距離は殆ど変わりません。

どちらかというと私的には重めのクラブが好きなのですが

こんど現在使用中のドライバ−(311g)から球道が安定しないため

270g位の重さのクラブに変えようかと考えておりますが

その場合アイアンも軽めのしかもスチ−ルではなく

カ−ボンシャフトのアイアンに変えた方がよいのでしょうか?

ドライバ−とアイアンのマッチングから

#5で何g程度のクラブを選択すれば宜しいでしょうか?」
 
 
 
 
 
【回答】
仮に45インチで270gのドライバーだとしますと、

力学的には38インチのスチールシャフトを装着した5番アイアンで

370g程度が妥当な重量になってきます。

また、カーボンシャフトであれば350G程度になってきます。

(カーボンの方が体感的に重量を重く感じる為)



となると、スチールシャフトであれば70g台の超軽量タイプ、

グリップ重量も30g台中盤程度の超軽量タイプの組み合わせが

妥当になってきます。



シャフトの選択としては

トゥルーテンパーのGS75や日本シャフトのNS750等がありますが、

GS75は全体的に径が太くなっていてやや固めの弾き系になっており、

NS750等は全体的なしなりがあり、GS75に比べると

柔らかく感じることと思います。



ドライバーとの重量コンビネーションは非常に重要ですので、

慎重に選んでみてくださいね。