倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2006年08月22日

右肩が突っ込んでしまうお悩みです

 【質問】
「初めて、メールいたします。

毎回楽しみに拝読しております。

現在ハンディ16 良い時と、悪いときの差が激しく悩んでおります。

特にドライバーですが安定しません、

自分流ですが右肩を突っ込む癖が

直りません上手い練習法はありませんか?

よいときは30台、反対に50も叩く有様です。

宜しくお願いいたします。」





【回答】
切り返し時に右肩が突っ込んでしまうと

手元が外側から覆いかぶさるように降りてきて

スイング軌道がアウトサイドインになってしまいます。



そうすると当然弾道はスライスしてしまう為、

飛距離が出ません。



更にドライバーと合っては大幅に飛距離をロスしてしまいます。

ですので、ここで一つカンタンな修正方法を紹介します。



それは、スタンスをクローズドスタンスにする事です。



右足を後ろに引いたクローズドスタンスにする事で、

テークバックがインサイドに上がり易くなり、

捻転が大きく右肩が深く入るようになります。



右肩が深く入るようになれば、切り返し時に多少

右肩が突っ込んでしまってもスイング軌道はアウトサイドインには

ならないので、大きなミスに繋がりにくくなります。



見た目としてはカッコ良くないと思ってしまうかもしれませんが、

スイングの見た目が格好良く見える事よりも

真っ直ぐな弾道を高確率で放つほうが余程格好良い物です。