ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2006年06月26日

ドロップのお悩みです

【質問】
「低反発のドライバーを使い始めましたが 
たまたま ドロップボールがでるので
困っています。 
ヘッドはXDRIVE420?
 シャフトはデアマナ赤63 45.25インチSシャフト
ロフトは10.5度です。
ヘッドスピードは40前後
キャリーで210ヤード 薄いドローの球筋が持ちダマです
177センチ90キロ 58歳です
お勧めの適合クラブがありましたら 教えてください」




【回答】
知っているかもしれませんが、

ドロップとはバックスピン量が少ない状態で発生します。

野球で言うフォークボールです。

スピンがかからないと揚力が足りなくなってしまうんですね。


ドライバーはおそらくXドライブ435ではないでしょうか?

シャフトがM63でヘッドスピード40m/sですと、

やはりヘッドスピード不足が原因だと思われます。


逆にヘッドスピード40m/sでボールが上がってしまっては

まずいと思います。

と言いますのは、ヘッドファースト(ヘッドが左に先行している状態)

で打っていることが考えられるからです。

ヘッドを先行させるとロフトが大きくなるのでボールが

上がるようになります。


一見すると良いボールに見えるのですが

実は凄く飛ばないんです。と言うのは、この打ち方は

俗に言う「手打ち」だからです。


手打ちはヘッドスピードが減速しながらインパクトするので

物凄く飛びません。


今のクラブを使い続けると、ボールを上げることに必死になり

いずれはヘッドファーストにする手打ちになってしまうので

クラブは替えるべきだと思います。


Xドライブのように比較的ストレートフェースで

上がり易いおすすめのヘッドとしては

X18CFドライバーやサスクワッチなどはどうでしょうか?


X18は表示よりも実際のロフトが2度大きいですし、

サスクワッチは重心が深いので上がりやすいです。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法