ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2018年09月16日

クラブ選びのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様
前回のアドバイス大変ありがとうございます。
いつも更新楽しみにしています。

これからのクラブの入れ替えにあたりアドバイスお願い致します。

現在の体力、HSに合わせた場合と、これからの加齢に合わせての二種類のセッティングについてです。

現時点で52歳 167cm 72kg体感、握力強め HC2 HS46前後 260yd前後
7i 160yd前後 (35°)
スイングテンポ普通。ややインサイドからリストターン若干強めのドローヒッターです。

過去につかまらない仕様もためしましたが右も左も恐くなり右の景色が消せなくなったので、ややつかまるクラブを好んでドロー気味でのプレーです。
アイアンシャフトは120Xでやや硬いかなと感じてます。

今クラブを変える場合
1wを45.25で60g台のSシャフトで癖がなくFWのシャフトもあわせやすいタイプ、その場合のFW(3Wやさしめ、方向性重視、5W、210yd前後のショートホールで止めたい。ラフから打ちやすい)など希望です。

レングス、重量、バランス、シャフトブランド、アイアンシャフトもご教示お願い致します。

またドライバーのシャフトを56g前後にした場合の流れなどもアドバイスお願いします。

倉木様の経験や理想、個人的なオススメなども入れてよろしくお願い致します。」



【倉木真二の回答】
少ない情報、抽象的な質問に対して具体的で細かな回答を要求されると、回答が非常に行いにくい、というのが率直な感想です。
細かな回答をすること自体は全く問題ないのですが、質問時の情報と求める回答のバランスが悪すぎると1回で回答することが困難です。
質問者様のような質問と、求めている回答は対面でのやりとり、また、チャットのようなメッセージでやりとりするのであればゴールに到達するのですが、1つの質問に対して1つの回答、という方法では参考になる回答ができない、という所です。
もう少し具体性を帯びた質問にすると、求めている回答が可能と思います。

参考までに癖が少なくつかまりが良いシャフトはNS PRO GTシリーズです。
FW専用モデルもあるので、様々な狙いに合わせてセッティング可能です。

 
 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法