ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2018年11月14日

シャフト選びのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木さま、前回はアイアンのシャフト(ns1050 )のアドバイスをいただきありがとうございました。力みのなくなりよくなってかきたと感じています。
今回はfwの悩みなんですがつかまりがわるくプッシュアウト、プッシュスライスが多くでてobを連発してしまいました。ヘッドはテーラーメイドm2(2017)の3wです。シャフトはツアーad f 65x です。もう少しシャフトをつかまりそうなものに変えようと思ってます。
どのようなシャフトがいいでしょうか?
自分的には予算の関係でスピーダーエボリューションv fw,スピーダーエボリューション3fw,レジオfwなどがつかまりやすくいいのかなと考えいます。
ちなみにドライバーはGB Bの9度ツアーad DI6sです。ドライバーは3wよりよくつかまります。3wのシャフトがあっていないのか?それともm2のヘッドがつかまりにくいのか?
よくわからないんでアドバイスをお願い致します。」



【倉木真二の回答】
シャフトに問題はないと考えます。
ツアーAD Fは先端が軟らかくつかまりの良い剛性になっています。
なので、原因はヘッドにあると推測します。
単純にヘッドのライ角がフラットになっていることが原因と考えられます。
装着方法でライ角をフラットに調節するのがもっとも効果的と考えます。
またはライ角調整ができるM1、M3フェアウェイウッドにするのも有効です。
ツアーAD Fよりもつかまりの良いシャフトにする方法もありますが、シャフトのしなり方の他の番手との流れが悪くなりますので基本的にはあまりオススメしません。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法