ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法










2017年04月24日

ヘッドスピードアップのご相談です

【質問】「倉木様
 何度もクラブセッティングに対する回答ありがとうございます

今回はヘッドスピードをあげるご相談です

小生56歳ですがここ10年ほどで、ヘッドスピードが5程落ちました

現在ヘッドスピード40あるかないかでドライバー飛距離は220ヤード
会心の当たりでも230ヤード程度です

ドライバーを軽量にするとか長尺にするとか、道具での解決ではなくて体を鍛えるこ
とでの解決はないでしょうか?

確か雑誌に筋トレをしてもヘッドスピードは上げられないと書いてありました

どんな体の鍛え方をすればヘッドスピードを上げることができますでしょうか?

例えば、体のどこどこのストレッチとかどんなストレッチとかあればご教授願いたい
と思います

宜しくお願い致します」



【回答】
飛距離アップの本質は筋力トレーニングにあります。
最も有効な方法は木製バットを毎日振る事です。
最初は筋肉痛になったり手にマメができたり体が痛くなったりするので、いたわりながら徐々に回数を増やしてください。
筋力があることがヘッドスピードアップのベースです。
筋力が上がった割にヘッドスピードが上がらない場合は棒を速く振る動作、技術を学ぶことです。
この場合は軽いものを速く振る練習が有効です。
腕や上体を柔らかく使って速く振れるようにする練習です。
いずれの練習にも必須と言えるものがヘッドスピード計測器です。
ダイエット、減量をする時に毎日体重計で計測することが必須であることと同じように、ヘッドスピードの変化も毎日計測器で数値を見る必要があります。
そうしないとまず練習を続ける事は出来ません。
レッドアイズポケットはトーナメントで見られるトラックマンの数値に近いので参考になります。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法