ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2018年06月23日

ウェッジ選びのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様

いつもブログを楽しく毎週読ませてもらっています。
また、前回も適切なアドバイスを頂き、ありがとうございました。
ハンデ12、キャリア20年、月3回位ラウンドする51歳男性です。
今年は、研修会にも参加しようかと思い、シングル入りを狙っています。
今回の相談は、アプローチウェッジについてです。
4年ほどタイトリストのボーケイSM4を使用してマークダウンもありSM6に変更しました。

変更前は
タイトリスト
ボーケイSM4
52-08
58-12
だったのですが、
4年ほど使用して溝が減ってきてスピンがかかりにくくなり、
ウェッジは消耗品ということも聞き、思い切って買い換えました。

変更後は、
タイトリスト ボーケイSM6
52-12 Fグラインド
58-12
Kグラインド
となりました。
主に58度は、バンカー専用としとて
グリーン回りのアプローチは、52度で主にピッチエンドランで、対応していました。
アイアンはスリクソンZ765でPWのロフトは46度です。


因みにフェアウェイウッドは3番と5番と2本
ユーティリティ3Uと4Uと2本組み合わせており、
長い番手を充実した方が良いと判断しました。
ちまたでは、バンス角が大きいほうがミスには寛容と言われていますが、
私の場合は、変更後は、バンカー用の58度は出しやすくて問題ないのですが、
グリーン周りのメインの52度、12度のバウンス角が馴染めずになかなかアプローチが上手くいきません。
以前はアプローチはうまくいっていてまあまあ得意だったので
すが。

グリー ン周りの芝の薄いところからでは、
トップしたり、
20〜30ヤードくらいでは
ダフったりして、スコアメークになりません。
(下手というのもありますが)

もう少し練習したほうがいいのか、
また違うバンス角(以前の8度とか)ウェッジに交換したほうがいいのか、
(タイトリストSM7の別注、クリーブランド、ミズノなど)
はたまた、
グースネックのウェッジ(タイトリスト のコールドシリーズか増田ゴルフ)にしたほうがいいのか?

ご教授ください。
よろしくお願いします。」



【倉木真二の回答】
グースネックにするとハンドファーストで打つイメージが強くなるのでインパクト時のロフト角が減り、バンスの効きも弱くなります。
しかし、今、感じている問題の根本的な対策とは違うと感じます。

クラブヘッド入射角はゴルファーによって違いますが、鈍角に入れる場合はバンス角は少なく、ソール幅が広めの方が相性が良いです。
なので、スイングを工夫してアレコレと苦労するより、バンス角が少ないモデルにした方が早いと感じます。
柔らかい砂(高価な砂)のバンカーの場合、バンス角が大きくないとバンカーショットが難しくなりますが、一般的なバンカーであればさほどバンスの効きが強くなくても脱出が困難になるということはありません。

余談ですが某トッププロはフローリングにアドレスしたときにリーディングエッジがピッタリと地面に着くほどバンスの効きが弱いウェッジを使用しています。
基本的に技術力が高くなるほどバンスのやさしさよりもバンスが邪魔をしない操作性を優先する傾向にあります。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法